江別消費者協会の皆さんが訪問しました

8月18日、日頃からお世話になっています江別消費者協会の役員の方が当会を訪問しました。「えみくる」菅原館長より当会の事業内容の説明ののち、施設のご案内をしました。今後ともよろしくお願いいたします。

 

江北まちづくり会10周年記念祝賀会(終了)

平成16年度から始まった第5次江別市総合計画(市民協働によるまちづくり)との整合性を図るためにタウンミーティング(地域担当職員の業務としての位置づけ)自治基本条例を頂点とした市民協働の施策として構築されました。

当初は6名の地域担当者が、4つの地域の担当者として発足。

平成19年度からは第1回江北ふれあい祭りが開催され、それ以降継続されて平成29年2月には第10回を数える。

 

 

 

復活 大ひまわり迷路&ピザ祭り(終了)

ひまわり迷路

3年ぶりにひまわり迷路を宮崎さん宅で開催しました。1000人程度来られました。

人手が不足しましたが、天気に恵まれました。酪農学園大学の先生や学生さんたちには大変お世話になりました。この写真はドローンで撮影しました。(7.22)

DCIM100MEDIADJI_0010.JPG

えみくるではピザは2台用意して、4枚づつ焼きました。お客様が多数お見えになったので、予約表を作って焼き続けましたが、50枚以上を焼いてようやく終わりました。仲良くなったお客様の写真を1枚パチリ。なにせ、暇にならないと写真を撮れないので。

トウキビは御覧の皆さんによって瞬く間に販売完了。ゆできびが1本100円ですのでね。販売前の写真はのどかなんですけどね。

裏庭では札幌の有名なシェフさんが来られて、予約ランチを行っていました。そこに酪農学園大学の学生さんたちの演奏が行われていました。

 

6年間実施してきましたが、3年間お休みし、今回復活のイベントの運びとなりました。酪農学園大学の協力を得て実施します。なお、終了後は都市と農村の交流センター「えみくる」にて、地元野菜や本格的ピザ窯焼きたてのピザやとうきび等の販売しております。

主催:江北まちづくり会・酪農学園大学・宮崎英治

平成29年7月22日(土)10:00~14:00

都市と農村の交流センター「えみくる」前集合か

直接に 江別市美原1086番地 宮崎英治宅に

問い合わせ:えみくる 011-384-0285

 

 

 

 

江北サマーフェスティバル(終了)

外では焼きそば、焼き鳥、赤飯、野菜、ゆでキビなどの販売もしました。

 

日時:平成29年8月6日(日)10:00~16:00

会場:農村と都市の交流センター「えみくる」

(江別市美原1445番地 電話:011-384-0285)

主催:江北まちづくり会

内容:江別産野菜の販売、そば・うどん・たこ焼きやきそば

音楽:江別市第3中学校マンドリン部、ささな音楽アンサンブル、テクニカルフィン

ガーズ、石田しろ、つれづれざうし、Alive,風船花

 

 

余市縄文土器の野焼き体験(終了)

こちらは8月5日に余市で行われた縄文土器の野焼き体験(第20回)の様子です。

市民が持ち込んだ作品は270作品だそうです。岡本太郎の流れをくむ人たちが自由な作品を尊重して20年間余市の海岸の砂浜を使って野焼きを継続していましたが、海岸の砂地が波の浸食で短くなってきたことや中心的な役割を果たしてきた先生が逝去されたことで今回をもって終了することとなりました。当日は良く晴れ上がった中で夕方6時に火をつけて一晩焼き続け、次の日にはそれぞれの作品の表彰などの行事を行いました(8.6) 

8月5日(土)余市縄文火祭りを見てきました。実行委員の方が10年程度おられて、市民の方が夕方5時過ぎには続々とそれぞれが作った作品を持ち込みます。それを丁寧に火床に並べて午後6時過ぎには周りに火をつけます。20年間ご苦労様でした。(8.5)

7月8日大瀧我眞さんが子供たちに縄文土器のランプづくりを教えました。

子供たちの写真は個人情報になるそうで、今回は載せませんでした。

 

 

復活!!「大ひまわり迷路」開催のお知らせ

宮崎さん宅で6年間実施していましたが、10万本のひまわり迷路が酪農学園大学の

協力で復活します。ぜひ皆様、ご参加ください。

日時:平成29年7月22日(土)10:00

場所:都市と農村交流センター「えみくる」前集合

集合後に宮崎さんの住所(会場)にご案内します。

 宮崎英治さんの自宅・・・江別市美原1086番地

(直接行かれてもいいです)

集合場所:江別市美原1445番地 (えみくるの住所)

「えみくる」ホームページより場所をリンクしています

http:ebetsukouryu.mods.jp

参加料:無料

野菜の販売:「えみくる」で販売します。江別産の野菜を販売します。とうきびの

ゆでたてを販売します。

ピザの販売:「えみくる」にてピザ窯にてピザを製造販売します。

問い合わせ:江北まちづくり会 電話:384-0285

 

 

 

 

土器の野焼き窯の準備

土器を野焼きをすることに対して、とんでもない量の薪が必要なことを初めて知りました。7月3日には近くの方から2tトラックをお借りして、まき運びをしました。おかげさまで今日は腰が少し痛いです。写真のものに加えてさらにそれ以上のまきが運び込まれました。4人がかりです。

2017年 ピザ窯販売を開始しました

ピザ祭りについて

日時:平成29年7月22日(土)10:00~14:00

会場:都市と農村の交流センターにて

内容:本格的にピザ窯においてピザを焼きます。また、もぎたてとうきびをゆでて販売します。

今年は天候が不順でピザ窯を販売する機運が高まらなかったのですが、天候も少し上向きになってきて、ようやく2基販売しました。江別の農家さんと札幌市の真駒内の方です。僕たちのオリジナルの窯ですので、ぜひご利用ください。

また、今年開設された江別市都市と農村の交流センタ「えみくる」では、ピザ窯を常設しますので、ピザ文化を広めるためにも、ピザを作って、それを焼く、食べることができます。ぜひご利用ください。

今のところは学生さんたちのグループでの利用計画があります。